土質改良機を現場に取り入れよう~工事現場ノ救世主ヲ召喚セヨ~

特殊な形状

土質改良機は、重機の1つとして様々な場所の工事現場で活躍しています。ブルドーザーやショベルカー同様、現場によっては需要性が非常に高く、レンタルサービスを利用して一定期間レンタルする会社もあれば、丸々購入していく会社もあります。直接販売店で購入することも可能ですが、製造会社側のサイトを通して購入するという方法もあります。土質改良機の見た目は他の重機と少し似ており、変形したショベルカーのような形状にも見えます。長めに作られたベルトコンベアが前方に付いており、後方にはカゴのようなものが付いています。このカゴのようなもののことをホッパーと言います。他の重機同様、土質改良機にも運転席が設けられています。ただ走行行為が目的として作られているわけではないので、屋根が付いていません。自走する際はクローラーと呼ばれる部分を使って前方後方に移動します。クローラーは丈夫に作られておりいろいろな地面の状態を想定して作られているので、整っていない場所での作業も余裕と言えるでしょう。

重機の1つに、自走式粉砕機と呼ばれるものがあります。この重機は文字通り石や岩などを砕くための機械で、主に建設現場で利用されています。同じく建設現場で利用されている土質改良機は、この自走式粉砕機に近い形状をしています。建設現場でこの2つの重機を見ることは少なくありません。どちらもブルドーザーやショベルカーと同じくらい役立つ重機として、現在全国各地の建設現場で見受けることができます。どちらも購入することもできれば、レンタルすることも可能です。